食と健康のかかわり‐免疫の視点から-

日 時: 2009年12月12日(土)10:30~17:40
場 所: コープ・イン京都
〒604-8113 京都市中京区井筒屋町4-1(柳馬場蛸薬師上ル) 
TEL: 075-256-6600

プ ロ グ ラ ム

10:30 開会挨拶 吉川正明(生産開発科学研究所室長、京都大学名誉教授)

セッション1 座長:吉川正明

10:40 講演1: 「食による感染とアレルギーの予防」上野川修一 (日本大学農学部教授、東京大学名誉教授)

12:00  昼食

セッション2 座長:大東肇(福井県立大学教授、京都大学名誉教授)

13:00 講演2: 「アレルゲン発現米によるスギ花粉アレルギーの緩和戦略」高谷文雄 (農業生物資源研究所センター長)

13:40 講演3: 「植物バイオテクノロジーをワクチン・感染防御薬の開発」的場信行 (米国ルイビル大学医学部准教授)

14:20 休 憩

セッション3 座長:山岸秀夫((財)体質研究会 主任研究員、京都大学名誉教授)

14:40 講演4: 「「がんの制圧を目指したペプチドワクチン」宇高恵子 (高知大学医学部教授)

15:20 講演5: 「「アルツハイマー病の予防と治療:ワクチン療法の可能性」鍋島 俊雄 (名城大学薬学部教授:名古屋大学名誉教授)

セッション4 座長:今西二郎(京都府立医科大学教授)

16:10 総合討論(全講演者参加) 

17:30 閉会挨拶 主催者代表 菅原努((財)慢性疾患・リハビリテイション研究振興財団理事長、京都大学名誉教授)

18:00 懇親会 司会:内海博司((財)体質研究会 主任研究員、京都大学名誉教授)

代表世話人:吉川正明(生産開発科学研究所室長、京都大学名誉教授)
世 話 人:今西二郎、内海博司、大東 肇、中井吉英、山岸秀夫
主 催:(財)慢性疾患・リハビリテイション研究振興財団
協 賛:(公財)体質研究会
後 援:京都新聞社

No Comments Yet.

Leave a comment

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)